アパート経営の注意点2

家賃保証に騙されないために

家賃保証についての疑問はまだあります。家賃保証は期間が決まっており保証年数の間だけ有効なのですが、その間の家賃はずっと同じ金額なのでしょうか?実は最初に設定してある家賃は、管理会社が多めに設定していることがほとんどです。これは早くお客さんである大家さんを捜したいがためなのですが、実はそんなに高い家賃が見込める物件ではないのに、利回りがよく見せているだけとうのは、家賃保証を受ける上でかなり深刻な落とし穴と言えます。

 

最初に奮発しているという言葉からも解るように、家賃というのは変動する物です。最初から家賃が相場よりも高く設定されている物件は当然のことですが空室だらけになってしまい、利益どころではなくなります。家賃は2年ごとに見直される仕組みになっているので、ここで大幅な値下げを迫られることになるでしょう。

 

このように、最初はお客を呼び込むために高めの家賃を設定し、稼働率が悪く空席が悪い場合は家賃をどんどん下げていきます。どちらにしても、建物というのはどんどん古くなっていきますので、よっぽどのことが無い限り家賃は下がっていく方向に向かうのが普通です。そして、家賃保証というシステムの落とし穴はまさにここにあるのです。

 

この家賃保証は契約時の家賃がずっと保証されるわけではないのです。ですから契約当初の高い家賃額がずっと安定して入ってくると考えることは非常に危険です。さらに、保証の金額は建物が古くなって行くにつれて、空席が無くても下がっていくのです。また、管理会社が大家さんに家賃の減額を求めることができると法律で決まっているため、実質、保証額の設定は管理会社が握っていることになります。この事を説明せずに保証があるから大丈夫です。と謳う管理会社には要注意ですので十分に気をつけてください。

ワンルームマンション投資は危険

手軽に出来る不動産投資を謳う商品として、ワンルームマンション投資があります。新築で物件を建てる場合は土地と建物を所有することになり、初期投資にとてもお金がかかってしまいますし、中古物件で始めるにしても、地価が高かったり、空室問題に悩まされることになります。しかしワンルームマンション投資なら土地もなく、アパートなどの集合住宅ではないので管理も簡単でしかも初期投資がとても抑えられるという利点があるためワンルームマンション投資は不動産投資の中でもリスクが非常に低い・・・・・・かのように思えます。実際、管理会社などでもこのようなセールストークをしているようです。

 

しかし、この考え方は間違っているのです。よく考えてみて下さい。ワンルームマンション投資の場合、持っている部屋は1つしかありません。アパート経営や、マンションなどでも空室問題で頭をなやます人が多いというのに、自分の所有するその1室に都合良く人が入ってくれるでしょうか?そして入居者がいない場合は、ただ持っているだけで出費の重なる赤字製造物件となってしまいます。アパート経営などは部屋がいくつもあるため、1つの部屋が駄目でも他がある程度埋まっていれば、赤字は軽減することができますが、ワンルームマンション投資の場合、入らなければ収入はゼロになってしまうため逃げ場がなく、改善しようにもワンルームという閉鎖空間のため改善の余地がないため、ただ運頼みするしかない、まさにギャンブルです。

 

少ない投資で不動産投資が始められるということもあって、管理会社にとっては売りやすい商品なのか、しつこく販売を進めてくる業者も多いようですが、このようなギャンブルに大金をつぎ込むのは、とても危険なことです。投資には常にリスクが伴うものですが、自分ではどうしようもない要素はできるだけ減らすべきです。

おすすめWEBサイト 5選


医療用ウィッグ


堺で有名な結婚相談所



最終更新日:2019/5/31